「更年期障害」にきくツボ

きょうび、急に動悸やめまい、んぼせや発汗、ほんでしんぼでけへんほどんイライラに悩ましはることはあらしまへんか。更年期障害にはちょい早いような…なんて思っとるあんさん、実はそれが更年期障害ん始まりやと知ったらどないしはりますか。

そもそも更年期障害とは、閉経前後10年くらいにおなごはんホルモンといわれへん卵巣モルモンん低下と自律神経ん乱れさかいくる症状でおますともいわれています。医師によってそん定義はさん々どすけど、そん更年期障害でん症状も人それぞれで、えげつない時には鬱んような症状を抱える方も少なくあらしまへん。

更年期障害は時期を過ぎてしまえばそん症状はきっと治るんやが、周囲には理解しいやもらいにくい症状やさかいこそ、セルフケアがでけるとよろしおすね。今回はそん更年期障害ん症状を緩和させるツボとしいや「三陰交(はんいんこう)」、「血海(けっかい)」、「太谿(たいけい)」「腎兪(じんゆ)」をご紹介しまひょ。

まず、「三陰交(はんいんこう)」ん場所どすけど、内ねぎんくるぶしより指4本分上に位置し、「血海(けっかい)」は、ひざてしょーん内ねぎで上ヘリより指3本分上にツボがあります。ほんで「太谿(たいけい)」とよばれへんツボは、内ねぎんくるぶしとそん後方におますアキレス腱ん間にあり、「腎兪(じんゆ)」は、ウエストん一番細いライン上と背骨が交差どした場所より、指2本分ほど外ねぎにむかった場所にあります。

これら4つんツボんマッサージを施すことで自律神経及び、ホルモンバランスを整え、イライラや動悸といった症状を緩和させ、血ん巡りを循環させ血行をようしはるし、更に婦人科系ん器官ん機能を高め、更年期障害ん辛い症状を軽減させてくれます。

更年期障害はきっと治るさかい、ツボんマッサージやけでなく、自身んリラックス方法も見つけてそん辛い時期を乗り越えまひょ。

健康維持の為に出張マッサージがオススメです。


タグ :